土平窯(唐津)

唐津焼は土着の流れ、中国・朝鮮半島からの影響、または美濃地方(織部)との関係、堺の商人との拘わり等、それぞれの影響を受けながら、桃山時代から江戸初期にかけて完成されたものと想われます。

土平窯の藤ノ木土平氏は、やきものは用の美であり使ってこそ本当の価値があると語り、土の持つ個性を繊細な遊び心で引き出しています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

17