やま平窯・エッグシェル Kaori(大)

やま平窯・エッグシェル Kaori(大)

販売価格: 3,500円(税別)

お取り寄せ
“エッグシェル”と絶賛を博した磁器


江戸時代から明治にかけて作られた輸出向けの食器の中でも特に技術の域を極め、卵の殻のように薄く、しかも丈夫な物を“卵殻手”と言い、西欧人から“エッグシェル”と絶賛を博した磁器がありました。厚さが1mm程のその素地は磁器特有の透光性があり照明器具と疑う程です。

有田焼の“白さ”を感じて頂きたく、形状はシンプルに。表面は“繭”のイメージを施しています。手にした時のふんわりとした柔らかさと口当たりの良さを感じて頂きたい商品です。

Kaoriは、今までのエッグシェルシリーズの薄く透けて口当りを楽しめる事に加え、香り立つ作りになっています。日本酒をダイレクトに味わいたい方には口が広がったKiwami。芳醇な香りを楽しみたい方には口がすぼまった卵型のKaoriをおすすめします。




経済産業大臣賞を受賞!

“エッグシェルKaori”は第110回九州山口陶磁展(2013年度)にて最高賞の経済産業大臣賞を受賞しました。
※九州山口陶磁展は我が国における磁器発祥の地、佐賀県有田町に日本全国の陶磁器製品を集め、一般の鑑賞に供し、技術の交流、品質の向上、デザインの改善を図り伝統工芸の継承と産業的発展を期して、明治29年より開催されております。


商品仕様

■大きさ 口径65mm ×横幅80mm × 高さ82mm / 参考容量:約350cc
■用途 冷酒、ワイン、リキュールなど
■箱について 専用紙箱入り

関連写真

やま平窯・エッグシェル Kaori(大)

販売価格: 3,500円(税別)

お取り寄せ
shukiya