千舟堂 フリーカップ 戌(後ろ姿)

千舟堂 フリーカップ 戌(後ろ姿)

販売価格: 55,000円(税別)

在庫数 1点
数量:
2018年の干支の輪島塗の器が届きました!
今年はビアカップです。

色は輪島塗の伝統的な溜色で、
ラブラドールの愛らしい後ろ姿です。

透かし絵という蒔絵技法を用いています。
これは、一回目の上塗り(朱)を塗った後、仕上げの漆(飴色)を塗る前に金粉で蒔絵する技法で、
時間の経過とともに図がくっきり見えてきます。

また、形状も通常のカンナでは挽きにくく、このカップ専用に新たなカンナを作り、製作しました。



漆器はジャパンと呼ばれ、日本を代表する工芸品として高い評価を受けてきました。
中でも縄文時代前半(約5,000年前)から現代にいたるまで、脈々とその伝統を受け継いできたところが能登半島であり、「輪島塗」です。

輪島塗の特色は、他産地にみられない堅牢な下地にあります。
それは木地の上に地の粉とよばれる珪藻土の焼成粉末を漆に混ぜて塗る本堅地の技法です。

現在輪島塗は、全国漆器山地のなかでただ一つ、重要無形文化財の指定を受け、漆工技術の継承・発展に努めています。



千舟堂は創業以来、一貫して文化庁認定の輪島塗技法に基づき、輪島漆器の制作と販売を継続している企業です。
2008年洞爺湖サミットの際には、同社制作の盃が歓迎晩餐会にて公式採用され、注目を集めました。


また、漆の魅力を発信するため、カラーバリエーションを展開したり、空気清浄機やスピーカーを彩色するなど、
新しい分野にも意欲的に取り組んでいます。


商品仕様

■大きさ 径6×高さ12cm
■使用上の注意 漆器のお手入れは極めて簡単で、特別の作法は要しません。直射日光(紫外線)があたらぬ様ご注意下さい。また冷暖房のはなはだしい所は避けて下さい。漆は年を経るたびに少しづつ強度を増していきます。漆は生きているのです。
千舟堂 フリーカップ 戌(後ろ姿)

販売価格: 55,000円(税別)

在庫数 1点
数量:
shukiya